血税という物語。消費税は政府に仕事をさせる源泉としての血税として正当なものなのか。

 血税とは 庶民から召し上げた税金は、血と肉の労働の成果としてもらった賃金から政府にカネを召し上げる、という意味合いで、税金をとらえる物語として語る場合に用いられることばである。この言葉は、下記のブログからの引用である。 なんだか前衛芸術のような、エロティックな扉絵でドキッとした記事であったが、税金は確実にとらなければならないという意味の「血税」の話を展開している記事である。 「わたしたちの血税」という緊縛 久々に聞いた言葉ではあるが、政府を批判するときにもよく用いられた言葉である。その批判の前提としては、政府の支出のもとになるカネは税金に...