MMT原理主義者の眼鏡に映るのは、現実ではなく、ただの妄想

消費税率10%への引き上げがスタートし、政財官界は“大きな混乱は生じていない”と高を括っているようだが、 〈国民的消費力のさらなる減退〉 ↓ 〈内需の長期低迷〉 ↓ 〈供給サイドの売上・収益の低迷〉 ↓ 〈雇用条件悪化・労働分配率低下〉 ↓ 〈不況の深刻化・永続化〉 という静かなる大混乱が生じるのはこれからだ。  今回の増税について、東京商工リサーチによる企業向けアンケートでは、 「予定通り実施すべき」51.4% 「時期を延期して実施すべき」20.5% 「増税を中止すべき...