税率10%から先の議論は「消費税廃止」のみ

10月1日に消費税率が10%へ引き上げられたが、増税を嫌ったり反対したりする声があまりにも小さすぎる。 マスゴミの連中は、軽減税率やキャッシュレスポイント還元制度の複雑さ、POSレジのシステム入れ替えに伴う現場の混乱を伝えるだけで、増税そのものの是非を問う報道はしないし、ましてや消費税の廃止にまで切り込む意見などまったく聞こえてこない。 増税による実収入減という災害に直撃されるはずの国民もおとなしいもので、街頭インタビューでも「年金や医療費のことを考えたら増税も仕方ない」と諦め気味に答えている。また、売上減少必至の小売店や飲食店の店主たちも、「国の財政も心配だし、増税も...