維新もいろいろ

 私のような年代の者にとって、島倉千代子さんという方は大変になじみ深い人です。彼女がもう晩年と言ってもよいころに歌った歌に「人生いろいろ」という歌があります。 因みに彼女の最も知られた歌はデビュー曲の「この世の花」です。「赤く咲く花、青い花」という出だしだけで私は当時の日本のことが思い浮かびます。「この世の花」から「人生いろいろ」に変じて来たのが昭和という時代であったと言えます。   =====  で本日の主題は「人生いろいろ」ではなく「維新もいろいろ」です。  維新ということで、「ある種の成功」を収めたのが「明治維新」です。なぜ「ある種の...