移民労働者で日本の「人手不足」を解消することに疑問を持たないのはおかしい。

伝えるためには自分の気持ちや考えを表に出さなければ始まらない。それでも伝わることの障害がある場合があるがなおさら表に出していく必要があるだろう。(秒速5センチメートル) 移民労働者を多く迎えるということが、議論の余地がない中で、絶対善とされ、それに沿った提案をするだけでだれも止めずにむしろ積極的に進められる事態が現在の日本ではまかり通っている。それ自体の税費を議論することは、事実上のタブーとなっており、それを推進する方法の議論がいきなり始まっているという状況である。 制度的には、昨年末の国会で可決した改正入管法で、今年の4月に設置された出入国在留管理庁は、法務省の入国管...