「国会がお決めになること」

 「国会がお決めになること」という言い回しは安倍晋三がよく使うものです。しかしこれは、「俺が決めることだ」ということと、実は同義なのです。 何故そう言えるかというと、国会で多数を占めるのは自民党でありますので、「国会が決める」とは「自民党が決める」ということを意味します。そして自民党の総裁は安倍晋三ですので、「自民党が決める」とは「安倍晋三が決める」ということになるからです。  「桜を見る会」の一連の経緯を見る限り、全ての決定は安倍晋三がしているとみていいでしょう。安倍晋三は「桜を見る会」の参加者を決めることに関与していないと主張していますが、彼が首相を務めるようになってから、参...