シンプルな話。日本語という母国語でしっかり思考できるようになる前の外国語は害。

本当のところをうっかり見てしまったときに、すごまれるというのは、それがわかられるとまずいと思っているからなのだろうか(ようこそ実力主義の教室へ) https://mainichi.jp/articles/20191104/ddm/013/100/047000c教育の窓 英語漬けの授業 公立小学校で初の試み 愛知県豊橋(毎日新聞) 英語やっとけばよい就職先があるとかそんなぐらいのよこしまな考え方を持った親から支持され、即戦力とかそんな軽薄な言葉で財界から支持されている早期の英語教育は、これまた、国家百年の計どころか、1年ぐらい先しか見えていない文科省の強力な支持の下、無理...