税は所得の分配、すなわち再分配の源資

  MMTという「屁の付く理屈」では、「税は政府貨幣を消滅させるためのもの」と主張しております。 しかし、通貨は使うために存在するものです。すなわち、そこに存在するからこそ機能を発揮するものなので、むやみに消滅させるものでないことは明白です。  一方、税は勤労者の得た給与あるいは企業が得た利益の一部を政府に上納するものです。給与や利益は所得ですので、税は所得の一部、つまり所得の分配であって「通貨」と直接の関係がないこともまた明白です。 さらに、税は場合により物納が認められております。通貨のみが税の納付手段ではありません。その意味からもMMTが述べていることは成り立ちませ...