日本は英語の喋りと作文が悪いと出た。しかし、それを鍛えれば衰退国から脱出できるのか。

見ているだけではもうどうしようもない。(ぼくたちは勉強ができない!) コンプレックスを刺激する記事が出ていた。世にある英語教育業界は、この記事を勧化するだろう。多くの外国人を抱え、金使って英語を勉強してもらわないと困るからである。大学の共通テストにおいて、民間の英語検定を利用するというのも、こういう記事が後押しする。ただ、実際にそれを実施するのは民間であり、別の原因で進んでしまった貧困化にお構いなしに教育費用を押し上げることになる。要するに親の収入や資産で、このような教育を受けられるかどうかの格差が生まれるのである。それは、世の中の階層化をイメージし、意欲を最初から奪うということ...