やるべきことは時間がかかってやる。それに供給能力がなくてもやろうとする確固たる意志が大切である。

いや、別にはげていることが悪いわけではなく、禿げてようとふっさふさであろうとその考え方ものの見方がくるっていることが問題なのである。それによって、その先に想像される展開が全く異なることも多いのである。 今の能力を見て、やるべきことを決めていくというのは、現実的な選択肢かもしれないが、誰かが代わりにやってくるわけではない世界、すなわち一国に必要なインフラなどについては、その議論は根本的に考え方を変えなければならない。別の言い方をすれば、一国をなにか何かに完全従属的に頼って動く企業のような存在であり、その「目的」が利益を出すこと、金もうけすることと定めてしまっていればそれも納得できる...