企業の雇用形態は柔軟であってもよいが、守るべきものを忘れると壊れるだろう。

だよなぁ!と思う前にどのへん「だけ」見てそう思ったかを考えることが大事である。特に全体の政策に関しては、自分が今見ている部分はほんの一部であり、それ以外への影響がどういうことがあるのか、ひいては自分の環境にも影響を与える重要な問題だったりする。 【労働】タニタ流、働き方改革 社員に1度退職してもらい、個人事業主として会社と契約を結び直す https://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1574694703/ このタイトルからは、これからの雇用形態は、正規社員ではなくて、契約社員だ、と言わんばかりのノリである。さすがは経営者に人気のある...