与党自民党は公明党ともども糞政党であるが、野党連中も反対してりゃいいというものでもない。

オレ食ってないよー、ってごまかすのも限界がある。 日本経済において、これまではうまくいっていると思い込みたい連中も、今となっては不安を感じるような統計が出てきている。彼らの最後の砦は失業率やらそのあたりかもしれないが、雇用の質が極悪となっている(正規社員を大幅に減らし、非正規社員に置き換わった。)状況と、これまで、働きに出る必要がなかった家族も働く必要が出てきた状況で、低賃金で、将来の賃金の向上も見込めない、雇用は会社の都合でいつでも切られる、賃金カットされる状況では、個人消費という日本経済における需要の6割以上を占める要素を強く抑制し、経済規模を縮小することにしかならない。この...