日本国民を顧みない企業の実績などは、国民の需要に比べればどうでもいいのである。

その場ではうまくいっているように見えても全体としてはまずいこともよくある(本好きの下克上)いつまでも自分たちが日本国を引っ張っているとして調子に乗り続けているのが、経団連をはじめとする企業の経営の連中である。気がついたら、単に自分たちのカネもうけのためには、需要者たる労働者とその家族、国民に対して、自分たちの金もうけのためにカネや雇用の安定を取り上げ、手を抜き,金もうけを志向した事業を進めようとする魂胆である。その反対側で庶民たちには精神論をぶち上げ、必要な需要を満たす仕事にまともなカネを回そうとしない悪魔のような連中であることをそろそろ認しなければならないだろう。 【税金】消費...