主体性のない国の方針。その場の空気で米国に行ったり中国に行ったり。食い物にされる気満々。

自分の国のことは自分の国の国民が何とかするべきなのはどの国でも変わらない。当然この日本国でも変わらないことをまずは確認しておきたい。 安倍政権は、中国の国家主席を国賓待遇で日本に招待するという。 それに先んじて、日中韓の会合後の対応では、ナンバー2の中国の首相が日本の首相を国内視察に同行するという。忠告の現政権が日本の安倍首相を重宝していることが手に取るようにわかる。これはトランプが首相とゴルフにいつも出掛けるのと似たような空気を感じるのは、普通の感覚であろう。厚遇されることが喜ばしいかどうかは、その国と国との関係性を含めての話である。 残念ながら、平成の30...