企業消滅の危機

『日本の「お宝企業」が絶滅危機!廃業予備軍127万社の衝撃』(1/22 週刊ダイヤモンド編集部)http://diamond.jp/articles/-/156555「大廃業時代が足音を立てて迫っている。 経済産業省が衝撃的なシナリオを提示した。日本の企業の3社に1社、127万社が2025年に廃業危機を迎えるというものだ。このまま廃業問題を放置すると、雇用650万人、GDP22兆円が消失してしまうという。 東京商工リサーチによれば、廃業する企業の約半数が経常黒字なのだという。優良企業が大量に退出してゆく姿は異様にも映る。事業がジリ貧になっているわけではなく、後を受け継ぐ者がいないため、仕方...