租税貨幣論という大嘘を忘れることから始めよう!

『熱い論争の的、MMTの本当の独自性はどこにあるのか~「衰退途上国」からの脱却』(井上智洋 駒澤大学経済学部准教授)https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/58617「(略)私自身は、MMTに全面的に賛成でも、全面的に反対でもありません。明確に賛成できる部分と疑問や違和感を抱かされる部分とが混在しています。(略)多くの論点を含むMMTですが、主流派との熱い論争を巻き起こすと思われるのは、(1)財政的な予算制約はない(2)金融政策は有効ではない(不安定である)(3)雇用保障プログラムを導入すべし の三点です。(略)ほとんどの主流派経済学者は、(1...