政府の借金の積み上がりはどうとでもなる。しかし、相応のを作る力がなくなれば、外国の奴隷にもなる。

いいことやっているつもりでも、肝心なことに目が回っていないことに気づかないととんでもないことになる。国内経済の問題は、数字のことばかり追いかけていると都合のいいところにばかり目が行ってしまうことも多いだろう。金額という数字では「借金」というパワーワードに恐れをなして思考を停止してしまうこともあるのだ。借りたら返す、というイメージがあるが、どう返すのかという想像をしてみるのもいいだろう。国家レベルでは、それで用いられる通貨というものも政府が調整できる道具であるということに気が付けば、政府が本来やらないといけないことはカネを増やすことではなく、もっと別なところにあることに気が付くだろう。&nb...