格差問題の危険なところ。国民を同じ国民ととらえない世界観。蹂躙と怨嗟の応酬。

 日本に格差問題が自然に解決できない問題になってからだいぶたつように思う。20年前の日本が自ら積極的に国力をつけていくことを事実上やめる空気を作り上げてからというものの、外国の景気によって、景気を保持してきたものの、外国の景気によって振り回され、それでも国内でモノを作ることをやめて、利益を上げるという経営方針がもてはやされ続け、軍隊式の企業で勝ち上がるための方法論として定着してしまったように思われる。 経団連の会長(日立出身)が、年功序列やめるよ、と、自分がはぐぐまれてきた環境を一方的に放棄するという、大企業集団が日本国家、国民のための存在意義を放棄することを造作もなく...