カネを使う先に、労働があってその結果において付加価値が作られることが、生きたカネの使い方。

カネは発行したら(日銀当座預金にブタ積みすれば)銀行が自主的にカネを貸し出す企業を見つけて、カネが回っていき、結果として景気気がよくなる、というような、何を作り出すべきなのかというところが保証されない中では、日技当座預金より先にはカネは廻らず、生産もされず、それを受け止める需要もない。景気など欲もならず、経済循環もないので、技術の蓄積や開発もない。安倍政権が行ってきた、リフレ政策は、日本の生産力衰退にストップをかけるどころか、衰退を維持し、芯の問題を覆い隠して、パラマキという言葉で、積極財政を採用することまでも、鳥羽日理で否定されるようになった。リフレ政策の反省もなく、戦時下の大本営発表の...