脱日本型経営者

『「脱一律」で人材磨く 経団連、労使交渉変革へ指針』(1/21 日経新聞)https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54640500R20C20A1EE8000/「経団連は21日、春季労使交渉の経営側の指針となる経営労働政策特別委員会報告を公表した。年功序列賃金など日本型雇用制度の見直しに重点を置いた。海外で一般的な職務を明確にして働く「ジョブ型」雇用も広げるべきだと訴えた。海外との人材獲得競争に負けないよう、雇用にも世界標準の仕組みを取り入れるなど時代に即した労使交渉への変革を求めた。(略)ただ経済のグローバル化やデジタル化が進み、収益環境は企業...