経済産業省が主導する新型コロナウイルス対策

経済産業省出身の今井補佐官が新型コロナウイルス対策を検討し、安倍総理に直言して実行させているという話が出回っています。今井補佐官は経済界と太いパイプがあると言うよりも、ある意味では経済界そのものという面がありますが、それにしても総理に苦渋の決断をさせるほどに強力な力を持っているかというと、そういう捉え方は無理があるように思います。 安倍総理が問題解決の糸口を見つけられない状況で、今井補佐官が献策してきたので、悩みながらも、その策に乗った結果が、学校一斉休校だったというのが、現在のところの報道です。これは普段は安倍政権に好意的なメディアも、そのように伝えていることから、政権中枢の人...