財政再建への固執こそ「国家的大リスク」

今回は、先日拙ブログにコメントいただいた方からの情報を基に私見をお示ししたい。『MMTを考える』(ニッセイ基礎研究所レポート 経済研究部 専務理事 エグゼクティブ・フェロー 櫨 浩一)https://www.nli-research.co.jp/report/detail/id=63778&pno=1?site=nli「金融政策による景気刺激策の限界が強く意識されるようになったこともあって、財政政策の活用を主張するMMT(Modern Monetary Theory:現代貨幣論)が注目を集めるようになっている。MMTの主張は、「自国通貨を持つ国は財政破綻しない」と要約されること...