危機の時こそ国富の大切さが身に染みる

本稿を書いているのは3/4で、3/6にアップする予定だが、新型コロナウイルス騒ぎが少しでも沈静化に向かうよう願っている。 新型コロナウイルスに関しては、現時点で治療薬が見当たらないとはいえ、重症化率や致死率を冷静に見れば、大騒ぎするほどではない。「ウイルス罹患=死」ではないのだから、ガタガタ騒がずに手洗い励行や健康維持に努め、医療関係者がウイルスに全力で対峙できるような環境を整えることを最優先すべきだ。 さて、一連の騒ぎにより、これまで、コンサートやスポーツイベント、集会、セミナー、カラオケボックス、フィットネスジム、旅行、宴会、催事等々、国民総出の自粛圧力により休止・...