未来を無視して安易なインバウンド観光の復活を唱える民間経営者共の守銭奴ぶりを非難せよ

観光にしか生き残るすべがないと思ってしまうのは、健全なことではないだろう。何しろそれ自体は、今のあり物を遺産として食いつぶすことが基本的な活動となってしまうのである。一時的にはそうであっても、持続可能な観光にするためには、別の産業がなくては意味がないのである。(サクラクエスト)この話でも、「観光」しか頼るものがないことは衰退の象徴として書かれるているようにも見える。 観光キャンペーンをやれ、というのが、一貫して国を売り続ける竹中平蔵率いる国民の豊かさより企業のカネもうけしか目がない経営者連中からなる首相諮問機関未来投資会議の言いたいことである。そんなところに日本の未来をかけるとい...