給付金アレルギーもほどほどに

新型コロナウイルスによる被害は、こと我が国においては、経済的な被害が人的被害を遥かに凌駕する勢いで深刻化している。役立たずの政府は、この期に及んでもカネを出し惜しみ、従来型の政府系融資枠拡大(これを経済対策の“真水”にカウントする神経がまったく理解できぬ…)で対応しようとしているが、売上や収益が吹っ飛んだ企業にとって、いくら低利や無利子とはいえ、借金を背負いこまされるのは何の助けにもならない。一旦生じた借入金は、決算書上、「支払利息」が営業外費用に計上されて営業利益から差っ引かれ、さらに特別損失が差っ引かれて残った純利益に減価償却費などを加えたものが、大まかに言って「元金」の返済財源となる...