腹芸で 空気読めよと 自粛厨

新型コロナウイルス騒動を機に、国民の間に「命を護るか、生活(収入)を護るか」の議論が沸き起こっている。 本稿を書いている3/23時点で国内感染者数1,089人、死者41人(クルーズ船除く)という被害助教を鑑みると、筆者としては、「国民の生活を護ることを優先せよ」と主張せざるを得ない。 なぜなら、ウイルス感染のリスクはあくまで“可能性”の問題に止まっている(感染者は全国民の0.0009%、死者は0.00003%、感染者のうち25%が快癒、重篤化は5~6%)が、一方で、生活瓦解のリスクは、飲食業や観光業、イベント業、旅行業、交通業等々、すでに幅広い業界・業種で実害が生じるな...