給付金に続く次の一手を打て!

新型コロナショック対策として政府が渋々打ち出した一律10万円の現金給付は、国民からおおむね好評のようだ。 筆者としては、これに止まることなく、給付金の増額や継続型給付金の導入、消費税廃止、社保料免除、完全なる休業補償の実施まで踏み込むべしと強く主張したい。 今回、現金給付の決定までの過程で、いつもと違い、国民や識者から財源論や増税論があまり出てこないことに、潮目の変化を感じている。 人間、切羽詰まるとこうも変わるものかと驚かされたが、元来緊縮思考の強い日本人のことだから、ちょっとしたきっかけで元に戻ってしまうのではないかと心配だ。 おそらく、独自財源...