検察庁法改正案に抗議します

検察庁は行政府でありながら、司法権と密接な関係を持ち、逮捕、拘留を指揮します。内閣総理大臣が違法行為をした場合に、内閣総理大臣に対して有罪か無罪か公平に判断するためには検察の存在なしに判断することは事実上不可能です。(検察審査会による裁決による起訴相当とされた場合の強制起訴で弁護士が起訴するケースは皆無ではありませんが、検察審査会に掛かったときの捜査資料は検察が指揮して集められたものですから、検察が捜査をサボタージュし、証拠を集めるどころか毀損してしまえば起訴できるはずがありません。) このため、行政府に属する期間でありながら内閣から独立した組織であることが求められています。日本...