貧困対策(その1)

 実は「貧困対策」こそ経済学が抱える最大の課題なのです。というか貧困を解消するソリューションを示すことが経済学のレゾンデートルであるわけで、そのことを提示できないなら経済学など消えてなくなったほうが世のためになります。 =====  余談ですが、かつてブログ「進撃の庶民」で「経済学の権威」として紹介されたある御仁に「経済学のレゾンデートルとは何ぞや」と問いかけてみたところ「世の先達(せんだつ)である」という奇怪な返答を貰ったことがあります。 本人はいたって真面目に答えたのでしょうが、その時「こりゃ駄目だ」と思いました。  経済は人間の活動であり、農林水産業・商工業・運輸業・サービス業等多岐...