球児たちの不幸を嘲笑う悪平等主義者の醜さ

春に続いて夏の甲子園大会も中止が決定し、球児たちや関係者、高校野球ファンを大いに落胆させる結果となった。特に球児たちにとっては、これまでの努力や辛抱に泥水をぶっかけられたも同然で、寝食忘れて受験勉強に邁進してきた受験生がコロナ騒動のせいで受験が中止され浪人生活を強制されるような気持ちだろう。これは、同じく大会が中止されたインターハイや吹奏楽・合唱などの文化系部活の子供たちにも言えることで、明らかにコロナが終息寸前であるのに、大会中止という勇足を踏んだ勇気なき大人たちの罪は重い。各校の監督やプロ野球関係者の多くが、「彼らの気持ちを思うと、かけるべき言葉が見つからない」とコメントしているが、筆...