AGB速報

国民の未来より財政健全化に喜ぶ経済団体の長は売国奴以外の何物でもない。

想像力はすべてを変える。そんなラストが印象的だったアニメ作品があった。印象的である。(新世界より) 【経済】消費増税「非常によいこと歓迎する」経団連 中西会長https://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1569833766/ 日経新聞だけでなく、安倍政権のパトロンである経団連のトップが如何に愚かで間抜けな想像力の欠如の欠陥人間かを表す発言なので、我々は死ぬまで忘れていないけない。この笑顔とともに、見ている視野が、狭すぎて日本経済のことを...
AGB速報

インフラに関して悪夢のような民主党政権~安倍自民党政権、パトロン財界・日経・エリートwも大概だ

意味が分かりそうで実は何も語っていないこともよくあること。遊んでいる余裕があったときにはそういうことも許されただろうが、その余裕もなくなったうえに、意味のないやり方が、まるで正しい王道のやり方だと信じ込むことの恐ろしさというものはないだろう。 財界の代弁紙にして、エリート(笑)の御用達新聞である日経新聞はオンラインで次のような記事を発信していた。 https://r.nikkei.com/article/DGXMZO50958710T11C19A0MM8000?s=5「もう堤...
AGB速報

表現の不自由展の「笑えない作品」時代の肖像-絶滅危惧種 idiot JAPANICA 円墳

 ふと興味を持って、表現の不自由展について調べています。  1つ、笑えない作品がありました。この作品、マジでエグい。 「遠近を抱えて PartII」とともに、批判対象となっている作品です。「時代の肖像-絶滅危惧種 idi […] 投稿 表現の不自由展の「笑えない作品」時代の肖像-絶滅危惧種 idiot JAPANICA 円墳 は 進撃の庶民 に最初に表示されました。 ...
AGB速報

台風19号東日本大水害。ダムに見る我々の経済・生活の基盤であり不可欠なインフラ。

 巨大台風台風19号が東日本を十端子、太平洋に抜けていった。少し前に関東を直撃した台風15号は、コンパクトなサイズで強力な風を伴った台風であったが、今回は強風はそこまで行かなくても、広範囲の雲を伴ってやってきて、各地に大雨を降らせ、それによる水害が多発したのが特徴であった。ただし、風に関しても、千葉の市原で局地的な竜巻で局地的な被害をもたらした。 今回の台風被害で亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、被害を受けた地域の方々の復興をお祈りし、国家の維持には全く害にしかなら...
AGB速報

日本版貨幣論の基礎(その3) :いま流通している通貨は破綻の残骸?

 今回は江戸時代に貨幣を用いずに商取引が行われていた様を解説する予定でしたが、急遽予定を変えて現在流通している通貨(日銀券)は、如何なる遍歴を経て来たのか、について述べてみたいと思います。  因みに、流通している通貨に関連する統計値として「マネーストック」あるいは「マネタリーベース」というものが世を賑わせていますが、このような統計値は経済と直接の関係は一切存在しませんので、これ自身を論ずる価値は無く、「金融論」がもてあそぶ駄物とみて差し支えありません。 何故かというと、通貨量と生産高と...
AGB速報

日本「非」経済新聞の1面で語る国力復興を妨害する財政規律なる化け物

チガウチガウソウジャナ~イ、とでも言いたいのかもしれないが、すでにそのレベルを超えてしまっている今、ソウ、ソレソレと開き直ってもらった方が幾分すっきりはする。もちろん、極悪非道であることは逃れられないことであるが。 ふと目に入った日経の紙面。それは、通勤電車待ちの駅のホームであった。東京方面に通うと思われるそれなりの年齢のサラリーマンが取り出したのは、いつも毎朝読んでいると思われる日経新聞であった。その一面に、増税しても緩む財政規律なんて文言が踊っていたのである。 緩んで緩み...
AGB速報

日本の没落-著:中野剛志の書評-受け入れるべき運命は文化の没落

 だいぶ前に読んだ、中野剛志さんの著作「日本の没落」をレビューします。  日本の没落は、シュペングラーの「西洋の没落」の研究本です。西洋の没落は、奇書と言われます。また預言書とも言われます。 なぜ奇書を、中野剛志さんは真 […] 投稿 日本の没落-著:中野剛志の書評-受け入れるべき運命は文化の没落 は 進撃の庶民 に最初に表示されました。 ...
AGB速報

仮)経済はカネの多寡ではない。何を作り何を消費するかだ。それが豊かさなのだ。

  政府のカネの出入りについて、騒いでいるからこそ、今の緊縮財政があり、直間比率の見直しと称した消費税増税がある。ただし、法人税の減税や減免措置などは、それに逆らう話であるが、大企業や資本家の金もうけをやりやすくするというジェントルマン資本主義が極まっていることもあるのだろう。 最近は、財政出動のための国債発行は、必要な分だけ行えばいいという話の上に、MMTの話がかぶさってきて、むしろそちらの方が意味があるかのような話になっているように見え、実際に議論が必要な財政出...
AGB速報

日本の国力復興は、消費税増税をひたすら続けようとするバカエリートを批判しないと始まらない。

大したものでなくても目の前の気になることをうまくいくようにした、ということで必要以上の満足感を得、それが正しくないと気が済まない心理に陥ってしまうのかもしれない。それは成功体験の負の効果というべきものだろう。その際もっと大きな問題を見ぬふりをしていることになっているかもしれないのだ。(人生) https://www.nikkei.com/article/DGXMZO50385100Q9A930C1I00000/消費税はなぜ嫌われるのか?編集委員 藤井彰夫 巨悪をごまかすために...
AGB速報

日本の国力復興は、消費税増税をひたすら続けようとするバカエリートを批判しないと始まらない。

大したものでなくても目の前の気になることをうまくいくようにした、ということで必要以上の満足感を得、それが正しくないと気が済まない心理に陥ってしまうのかもしれない。それは成功体験の負の効果というべきものだろう。その際もっと大きな問題を見ぬふりをしていることになっているかもしれないのだ。(人生) https://www.nikkei.com/article/DGXMZO50385100Q9A930C1I00000/消費税はなぜ嫌われるのか?編集委員 藤井彰夫 巨悪をごまかすために...