Notice: Trying to get property 'display_name' of non-object in /home/tbnnzvqa/public_html/so-t.biz/anti-globalism/wp-content/themes/cocoon-master/functions.php on line 131

AGB速報

杉本五郎中佐遺著『大義』|解説 第八章『七生滅賊』コロナ恐慌が「賊」をあぶり出す

楠木正成(大楠公)を祀る湊川神社(photo_by_KishujiRapid) 戦前日本のベストセラー『大義』(杉本五郎著)の解説連載第10回です。 今回は第八章「七生滅賊」です。現代語での大意を示したうえで、これを現代に生かすべく、私なりの解釈・解説を行います。原文はこちらの「大義研究会」のサイトでご覧ください。 第八章「七生滅賊」の大意私利私欲にふけって国体を無視する者は、時の古今、洋の東西、国の内外を問わず、また貴賤貧富に関わらず、全員が大御心に背く賊であり、朝敵である...
AGB速報

卑怯未練は男の本質

 任侠映画を見るまでもなく、卑怯未練は男たるものの専売特許です。 何故、東映任侠シリーズが今も隠れた人気を保っているかというと、卑怯未練を排することが男なのだという物語に男が共感を覚えるからです。つまり自身が持つ卑怯未練を捨てたいから、東映任侠にはまるのです。  結局のところ「卑怯未練は男の本質」であるという認識を、思考のベースにすべきであり、そのことを是認できるなら、日常生活で卑怯なことは止めよう、未練たらしいことは止めようと、多少は考えて行動できると思います。   反対に女性は未練と縁遠い存...
AGB速報

国債を減らすためなら国家経済が崩壊してもよい!いったい何を目的に財政の健全化を叫ぶのか。

暗黙の常識で知っているという前提で情報を共有した時に思い浮かべるものは本当に一致しているのか。多分一致することはないだろう。その違いが許容できるかどうかが問題なのである。 https://www.nikkei.com/article/DGKKZO59664630X20C20A5EE8000/識者の見方 予算のばらまき避けよ 日経新聞 土居丈朗・慶応大教授 緊急事態とはいえ、予備費も含めて予算のばらまきは避けるべきだ。予算を使い切るのではなく、少ない金額で効果を上げることが重要だ。例えば...
AGB速報

コロナ対策補正予算、第2次が閣議決定された。発表のトーンが一段と上がるがこれで終わりではない。

意味が分からない差ではあるがそこは作者のこだわりがあるんだよ!ということはあるかもしれないが、自分事である場合には、何も変わっていないという現実には違いない。(彼岸島) https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200527/k10012447441000.html第2次補正予算案を閣議決定 追加歳出31兆9114億円 過去最大2020年5月27日 20時47分 政府は、新型コロナウイルスの感染拡大に対応する今年度の第2次補正予算案を27日、閣議決...
AGB速報

貧困対策(その4):ワーキングプア

 「分配すべきパイを大きくすること」で貧困を克服しようとする考えと、ことごとく対立する考えを持つ経済学が主流派経済学であり、しかもその考えは極めて不健全というか成り立たないものであることを前回まで3回にわたり述べました。 前回までに述べた主流派経済学の主張は①「実質賃金を切り下げれば雇用が増える」、②「生産性を上げれば経済成長する」、③「労働力を増やせば経済成長する」の3点です。この3点が成り立たない理由を下記にあげます。  ①企業が雇用を増やすのはこなすべき仕事が増えた時であり、賃金と直接の関...
AGB速報

ボケとツッコミの応酬

一般的に書くことは出来ないが、見ている中で、ついつい全部を通してしまうアニメというものが合った。しかも日常系でそのノリというのは、なかなかないのかもしれない・・・といえども、やはり、母集合が偏っているため、第一位なのかどうかはわからないが・・。 放送からずいぶん経ってしまったものではあるが、たまに見返したくなり、一度見始めると最後まで見てしまう、というものがある。そんな作品の中で、この記事で取り上げるのは、恋愛ラボというアニメと僕らはみんな河合荘というアニメである。恋愛ラボは、ラブラボ...
AGB速報

緊急事態宣言解除。日本はコロナを克服できたのか?いや、コロナと経済の戦いはまだ始まったばかりだ。

何かが起こるという予感をさせる澱みだが、それはどういう想像ができるか。この道しかない、と祈祷師のごとくあってほしいと強く願う一本道だけを想像するのか、それともいろいろなこと起こりうるという備えをするのか。 https://news.yahoo.co.jp/articles/947c5f080792e4fe8e62edf6044483e4fb734dd9国内旅行の半額補助やプレミアム付き食事券、7月下旬開始へ…予算1・7兆円確保(読売新聞オンライン) - Yahoo!...
AGB速報

安倍政権はいよいよ墜落する時を迎えつつある。安倍後の政治をどういう方向に持っていくべきか。

状況は理解した。それで次にどうしていくかを考えて、それを基準にし、そこからどれだけずれたことをやっているのかという事を見ながら進んでいかなければならないだろう。(いもいも) https://mainichi.jp/articles/20200523/k00/00m/010/178000c内閣支持率27%に急落 黒川氏「懲戒免職にすべきだ」52% 毎日新聞世論調査 - 毎日新聞 2020/05/23毎日新聞と社会調査研究センターは23日、全国世論調査を実施した。安倍内閣の支持率は27%で...
AGB速報

木村花さんの死を悲しみ怒れる日本人がなぜ緊縮財政による国民殺しを許すのか?

大胆かつ迅速な財政出動で国民の命と全ての事業者を守って下さい署名特設サイトフジテレビ系の恋愛リアリティ番組「テラスハウス」に出演していたプロレスラーの木村花さんがSNS上での誹謗中傷によって死に追いやられた事件をうけ、悲しみや誹謗中傷への怒りの声が上がっている。この件に対して怒り悲しむのは当然だと思うが、そのような良識ある国民がなぜ、緊縮財政によって長年にわたって多くの尊い人命が奪われ続けていることに声を上げないのかと疑問に思う。木村花さんの死を悼み、誹謗中傷をした心ない者に対して怒ることのでき...
AGB速報

日本の政治が衆愚政治である根拠と問題点-衆愚政治から脱却は可能か

 現在の日本は衆愚政治か否か? と問われたら、筆者は「衆愚政治である」と回答します。なぜ日本が衆愚政治だと判断するのか、その根拠について解説します。  一方で衆愚政治から日本は抜け出せるのか? 筆者はあまり期待はしていな […] 投稿 日本の政治が衆愚政治である根拠と問題点-衆愚政治から脱却は可能か は 進撃の庶民 に最初に表示されました。 ...