AGB速報

MMTと山本太郎と反グローバリズム

一度でも鑑定を受けた方やこれから鑑定で質問や依頼がある方は、以下河合への鑑定とお問い合わせまで、よろしくお願い致します。MMTについてさて、以下の投稿を有閑爺いさんとジータさんの記事に書かせていただいた。【経済学101】ここが変ダヨMMT【大歓迎】MMTビジネス進撃の庶民に投稿させていただいている河合です。私個人的には、MMTは厳密には間違いだと思います。MMTは一、貨幣無限発行論二、貨幣負債論三、租税貨幣論から成り立っているようですが、一は正しく、二と三は間違いでしょう。貨幣や国債は当然無限に...
AGB速報

日本の現代貨幣理論(MMT)批判の考察-藁人形論法と印象操作

 本稿では簡単に、現代貨幣理論(MMT)批判について検討、考察してみます。  メジャーな現代貨幣理論(MMT)は2種類あります。「ハイパーインフレになる」「現代貨幣理論(MMT)は閉鎖経済を前提としている」です。 ドマイ […] 投稿 日本の現代貨幣理論(MMT)批判の考察-藁人形論法と印象操作 は 進撃の庶民 に最初に表示されました。 ...
AGB速報

三橋貴明とMMT-現代貨幣理論(MMT)と三橋理論の親和性・共通性

 今年3月14日より、三橋貴明さんが現代貨幣理論(MMT)について「三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ」で言及し始めました。 多くの三橋読者および、MMTerが「ようやくかっ!」と思ったのではないでしょ […] 投稿 三橋貴明とMMT-現代貨幣理論(MMT)と三橋理論の親和性・共通性 は 高橋聡オフィシャルブログ バッカス-反グローバリズム&LIFE に最初に表示されました。 ...
AGB速報

タガの外れたカネ儲けは悪。社会の一員として収益を得る場合の制約条件。

 【自動車】トヨタ社長「車業界の変化、予測できない」、米大学でスピーチhttps://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1558279468/ アメリカの学生向けに宣伝講演をトヨタの社長がやっているという記事があった。宣伝なので会社に入ってくれということと、アメリカでのビジネスを続けるために、アメリカの工場に投資するとかそういう内容のようである。 そんな中で気になったのは、”正しいことをすれば収益がついてくる”という言葉である。これ...
AGB速報

20190608–令和最初の黒磯田島線(大川林道)。雨に降られ靴底がはがれるも貫徹

 栃木・福島県道369黒磯田島線は、それまでに作られていた林道を延長することによって県境越えして地域間を結ぶ道として整備された道であった。しかし、20年以上前の1996年を境に長期通行止めが続いて今に至っている。通行止めという状態というよりは、廃道状態といった方が実態に合っているだろう。それでも、道は道であり、その形状は保持されており、基本的に迷うことはない。問題は路面の状態である。曇天の中深山ダムに向かう圏央道つくば牛久ICからつくば市内を国道6号バイパス経由県道201を経由して県道...
AGB速報

世界帝国唐とグローバリズム

世界帝国に二度軍事占領された日本 日本は世界帝国に二度軍事占領された歴史を持つ。 1回目は663年の白村江の戦いの敗戦で、唐帝国の軍勢が九州太宰府に進駐した時である。 2回目は当然1945年の敗戦でのアメリカをはじめとし […] 投稿 世界帝国唐とグローバリズム は 進撃の庶民 に最初に表示されました。 ...
AGB速報

現代貨幣理論(MMT)は財政赤字をどう考えるか?の解説

 現代貨幣理論(MMT)を学ぶと、マクロ経済のあらゆる事象に「あ、これはこうだな」と理解が追いつくようになります。  現代貨幣理論(MMT)批判の報道は、毎日のように流れます。なぜでしょう? 批判している人の殆どは、主流 […] 投稿 現代貨幣理論(MMT)は財政赤字をどう考えるか?の解説 は 高橋聡オフィシャルブログ バッカス-反グローバリズム&LIFE に最初に表示されました。 ...
AGB速報

洗練した社会を破滅に導く多文化共生。進めるエリート被害にあう庶民。

  多文化共生ほどその言葉のイメージと真逆な結果をもたらすものはないかもしれない。エリートたちは、世界統一国家を夢見て、その最初のハードルである多文化な人々が共に暮らすことの重要性を説いて回る。それは「多少」の衝突はあるかもしれないが、人間同士、言語を持ち合わせている生物であるから、まさかまさか、話ができないことはないだろうと思うのである。なんといっても、GAFA何とかなどにいそうなIT世界の表舞台にいる人間には、多種多様な移民がおり、それらが能力を発揮しあって、今のIT開発...
AGB速報

MMTビジネス

  「MMT」を喧伝するようになった中野剛志氏は、出向先から古巣の経産省に戻り、課長になりました。戻ったのは「富国と強兵」という「MMT論」を土台とした著書を上梓した翌年です。 因みに、中野氏が経産省から某独立行政法人に出向した(出向させられた?)のは「TPP亡国論」という著書を上梓した翌年であります。 TPPを叩いたから追い出され、MMTを礼賛したから戻ることが出来たと言えるかもしれません。 本を書けば「身の上が変わる仕組み」が官僚の世界にあるかどうかは知りませんが、なんだか胡散臭い...
AGB速報

小池晃の国会質疑動画と年金問題・マクロ経済スライドのMMT的見解

 現在、小池晃議員(共産党)の年金問題での国会質疑が、話題になってます。  上記の動画は1週間もたたずに、300万回近い再生数です。 なぜこれほど再生されるか? もちろん拡散している人たちの影響も大きいのですが、原因は「 […] 投稿 小池晃の国会質疑動画と年金問題・マクロ経済スライドのMMT的見解 は 進撃の庶民 に最初に表示されました。 ...