AGB速報

藤井聡の倒閣宣言!

「藤井聡さんが12月28日に参与を辞職しました。6年もの長期政権で国民を貧しくし世界第四位の移民国家に改造した安倍政権は打倒すべきです」『速報:藤井聡さんが内閣官房参与を辞職』 消費税廃止&移民禁止の保守政党が必要です!とのお方は、発信力強化の為に以下のリンクをクリックにて、ご支援のほど宜しくお願い申し上げます。人気ブログランキング 『ルビコンを渡った安倍政権』 藤井聡さんが編集長を勤める表現者クライテリオンの巻頭コラムに「移民法案可決でルビコン川を渡った日本」が有...
AGB速報

来年は”あんしん”の年になると断言する!!

一度でも鑑定を受けた方やこれから鑑定で質問や依頼がある方は、以下河合への鑑定とお問い合わせまで、よろしくお願い致します。年末の仕事の激増で、記事を書く間が無くなり、久しぶりの記事をようやく書けます。さて、金融庁が仮想通貨を暗号資産と改称するという。仮想通貨を「暗号資産」に改称提言 金融庁研究会暗号資産という言葉に注目していただきたい。日本語には言霊というものがある。暗号資産ということは、仮想通貨・暗号通貨は今後安全・安心なものになっていくことを確実にしている。何故なら、暗号資産は略せば"あんしん...
AGB速報

韓国艦レーダー照射映像を視聴して思ふ

  韓国艦レーダー照射映像を視聴する際に私が最も注視したのは、自衛隊に一切の非がないことを確認できるかということでした。 当該海域は我が国の領海に近く、このエリアで活動している軍艦があれば、哨戒機を派遣することは当然です。その哨戒機が活動中の軍艦が何をしているか正確に把握し、万一にも日本国への敵対行動をとるようなことがないようにするのは当然のことです。そうでなければ我が国の安全を確保することはできないのですから。 これは我が国が、独立国家として存立するため...
AGB速報

リバーサル・レート(反転金利)について

noteにて、「経済学・経済論」執筆中!また、「望月夜の経済学・経済論 第一巻」、「望月夜の経済学・経済論 第二巻」も発売中!その他、「貨幣論まとめ」「不況論まとめ」 「財政論まとめ」 などなど……――――――――――――――――――――投稿先はこちら先日、「金融政策は民間金融(純)資産を増やさない。統合政府負債=準備預金+国債の内訳を弄るだけ」、「民間金融(純)資産を増やすことが出来るのは財政政策」というコラムを書いた。今回は、さらに踏み込んで、中央銀行が金融機関から有利子資産を買い上げること...
AGB速報

技能実習生「仕送りが出来ないから助けてほしい」物価の高い外国で労働して仕送りできないのは当たり前

カンボジア人技能実習生が人権屋に唆されたのか記者会見をしましたが、私たちの不安とは全く違うあさっての方向にリベラルが移民法案の問題点を持って行こうとしています。 詳細がわからないのでTVで放送されたことだけで見てみますが、縫製業の実習生として働いているこのカンボジア人女性は、母国に子供が1人いて毎日勉強しているがその子に仕送りが出来ない、助けてほしいと外国人特派員協会で会見しました。基本給が6万円(何日間の労働かは不明)、残業代も当初は300円(時給かどうかは不明)だったと報道されまし...
AGB速報

金融財政システム理解から紐解く、「異次元緩和をしても企業の内部留保になるだけ」の”嘘”

noteにて、「経済学・経済論」執筆中!また、「望月夜の経済学・経済論 第一巻」、「望月夜の経済学・経済論 第二巻」も発売中!その他、「貨幣論まとめ」「不況論まとめ」 「財政論まとめ」 などなど……――――――――――――――――――――投稿先はこちら今、ミッチェルの「量的緩和にいかに意味がないか」という記事を翻訳中なのだが(※既に現時点では翻訳済み→ビル・ミッチェル「量的緩和 101」)、これを理解するには金融政策/金融調節のかなり核の部分を掴まないといけない。少なくとも、「中央銀行はお金を刷...
AGB速報

来年こそは積極財政による経済改革を!

政治ランキング『ポケベル電波は「防災無線」で生き続ける 「文字通信の強み、最大限に発揮」』(12/3 ITmedia)「ポケベルを使った無線呼び出しサービスが、来年9月に終了する。全国で唯一、サービスを提供している東京テレメッセージが12月3日、終了を決めたと発表した。同社は、利用者が1500人を下回っていることに加え、「防災無線サービスに経営資源を集中するため」と説明している。(略)」 筆者は、学生時代から銀行員時代を含めて、ポケベル(ポケットベル)を使ったことも、実際に目...
AGB速報

”亡国を回避するために理解しなければならないマトリクス”

 米軍の無差別爆撃によって瓦礫の山と化した、何もないところからわずか数十年で奇跡的な復興に成し遂げ、世界有数の豊かな国になったはずの日本人が瞬く間に貧しくなってしまった理由は非常に簡単なことだと思います。 下記にリブログさせていただくブログの中で筆者である三橋貴明さんが書いておられる通り、日本から普通に勤勉に働く労働者の利益を代弁してくれる政治勢力が存在しなかったからでしょう。 社会党や民主党があったじゃないか?と思われる方もいらっしゃるとは思いますが、日本において、圧倒的大多数を占める労働者は...
AGB速報

「真説・企業論」⑦(構造改革による日本の停滞とその深層)

noteにて、「経済学・経済論」執筆中!また、「望月夜の経済学・経済論 第一巻」、「望月夜の経済学・経済論 第二巻」も発売中!その他、「貨幣論まとめ」「不況論まとめ」 「財政論まとめ」 などなど……――――――――――――――――――――「真説・企業論」を読む⑦――構造改革による日本の停滞とその深層投稿先はこちら前回の「真説・企業論」紹介コラム『「真説・企業論」を読む⑥――金融化→短期主義化によるイノベーション阻害』から間が空いてしまったが、改めて続きの紹介コラムを書いていこう。前回のコラムの内...
AGB速報

維新好きのエセ評論家

政治ランキング“維新”とか“改革”といった類のいかがわしい言葉が大好きなバカ論者は、いつも的外れな主張ばかりのくせに、自らの失敗を省みようとする気はさらさらなく、他人を叱咤して悦に入っている。 この手の害虫の本を買ったり、講演に読んだり、コラムを書かせたりして甘やかしていると、ますます調子に乗って毒をまき散らすから、決してエサを与えぬよう、国民の皆さんにはよくよくご注意願いたい。 『大前研一"ついに失われた30年になった"~なぜ平成という時代は失敗したのか』(11/30&nb...